コース一覧 をスキップする

コース一覧

情報科教科教育法

情報科教育法

 

 情報科教諭をめざし、教育基本法及び学習指導要領を理解することを目標とする。

 適切な指導案が作成できるように学修する。

 新指導要領の大きな特質である「主体的な学び。対話的な学び。深い学ぶ」のデザインを情報科の中でデザインする。

 

 

自ら教師としての発話、プレゼンテーション力を身につけるとともに、生徒の前で、周辺領域の理解も含めて、しっかりと授業が実施できるようになること。

 パフォーマンス評価を念頭におき、指導ができるようになる。

 教師としての基本的な資質(学習者の分析、インタラクション、成果のデザイン)を理解し、実践を試みることができる。

 

 ARKSモデルなど指導案作成のためにインストラクショナルデザインなど授業で学んだことを指導案に生かしてもらいます。

 指導案を作成するために使用する教科書を事前に確認する必要があります。適宜、確認問題を渡しますので、時間内にできなければ自習してきましょう。

 指導案の作成が発表までに間に合わない場合は、自分で事前に作ってきましょう。

 

文部科学省編 高等学校学習指導要領解説 情報編 開隆堂

授業設計マニュアルVer.2: 教師のためのインストラクショナルデザイン

稲垣 忠鈴木克明

 

Moodle,MaharaなどのLearning Management Systemを活用する。個別にID、パスワードを与え、フィードバックを返していく。

 

 

1 情報教育の意義、インストラクショナルデザインとは

 「情報」の改訂経緯と趣旨、情報科の意義、情報教育の歴史

 2 小・中学校と高校の情報教育 アクティブラーニングと教科「情報」

 3 高校普通教科「情報」における協働学習

 4「社会と情報」学ぶ内容と評価基準、評価方法(パフォーマンス評価、絶対評価と相対評価)

 5 この講義で使用する指導案について、生徒の動きの予想、最初の単元発表

 6 模擬授業-単元全体の内容確認、必要な知識の確認

 7 模擬授業-単元全体の内容確認、必要な知識の確認② 

 8 模擬授業-単元全体の内容確認、必要な知識の確認

 9 模擬授業-全体の目標、評価基準、内容の詳細確認

10 模擬授業-単元の指導計画と担当時数の決定

11 模擬授業-内容理解と授業内容の決定、資料作成

12 模擬授業-授業資料、配布資料作成

13 模擬授業-模擬授業実施1(2人~3)

14 模擬授業-模擬授業実施2(2人~3)

15 模擬授業-模擬授業の反省・評価、今後への改善点、改良指導案作成017年度生以降 カリキュラム科目名
科目名:情報科教育法 I



Academic Writing

Global Educational Resources

ICOME 国際学会

英語デジタルコンテンツの開発

英語プレゼンテーション

発信力に焦点を当てた練習。

音を出しながら学習、口に出した表現だけが将来伝える。

理解することと、発話することは全く違う脳の機能を使うことを理解しつつ、多くのプレゼンテーションを体験し、身につける。

NHK番組の活用も行う。会はニュース原稿